WMVからAVIへの変換方法

表題の件について、質問メール来てたので書きます。
まず結果から言うとWMV(拡張子が.wmv)からAVI(拡張子が.avi)への無劣化の変換は不可能
なぜならば、データ形式が根本的に違うのである。
 
AVIとMatroska Video(拡張子が.mkv)はヘッダが違うだけでデータ形式は一緒だから互換性がある=*変換可能であるが、WMVとAVIは全然違う。
WMVの場合はデフォルトで可変フレームレートやVBR音声を扱うことができるが、AVIの基本は固定フレームレートとCBR音声である。
データ構造を図で説明したほうがわかりやすいかもしれないのだが、見る人少なそうなので今回はやめておく。
ではWMVからAVIへの変換は諦めるしかないのか?といわれれば、それは否である。
Windows Media Playerで見れるものはDirectShow経由で読み込むことが出来れば理論的にはエンコーダで取り扱うことが可能なため、最終出力でエンコードを行う場合のみWMVのデータをAVIにすることが可能なわけである。
では一例を紹介しよう。
まず、一番簡単な『MPG2AVI』というツールを使う方法。
このツールはHIDER’S NEST浅野英史氏が作られたものであるが、扱いが簡単なのでSylphideはこれの使用をオススメする。
使い方を簡単に説明する。
  1. HIDER’S NESTのソフトウェア公開ページからMPG2AVIをダウンロードしてきたらLhasaなどで解凍する。
  2. 解凍できたらMPG2AVI.exeを起動する。
  3. 変換したい元ファイルをD&Dで放り込む。
  4. フォーマット設定でお好みの設定をする。
  5. 「変換開始」を押す。
これだけで終了である。簡単でしょ?
 
次に説明するのはAviUtlを使う方法。
AviUtlはKENくん氏が開発されたAVI編集ツールで、プラグインと呼ばれるプログラムをaviutl.exeのディレクトリ(またはPluginsディレクトリ)にインストールすると機能が拡張できる優れものである。
おそらく日本が海外に誇れるプログラムの一つではないだろうか?
プラグインはいろいろな方々の努力により開発されているが、その中にDirectShow経由でファイルを読み込めるようにするものがある。
これを導入すれば理論上はWindows Media Playerで再生できているファイルは読み込み可能になる。
ただし、注意が必要である。
DirectShow経由で読み込む際、非常に不安定な動作となる場合がある。
この類のプラグインも結構あるのだが、今回はAviUtl実験室のぽむ氏が開発された『DirectShow File Reader Pluginを紹介する。
使い方はめんどくさいのであえて割愛させていただく。
詳しい使い方はAviUtl付属の説明書とDirectShow File Reader Pluginの紹介ページおよび付属説明書に詳しく説明してくださっているので読めばわかるはずだ。(KEN氏およびぽむ氏に感謝)
ちなみにこの方法はいろいろと設定する項目があるため、ソースが汚くて出来るだけ精度の高いフィルタリングを行いたいとき以外は使用しないことをオススメする。
先にも述べたがDirectShow経由のファイルの読み込みは不安定な場合が多いため、あまりオススメできないからだ。
 
以上でWMV→AVI変換方法の簡易的解説を終わる。
もし不明点があればMessengerかメールにてご連絡を。
 
*MatroskaとAVIに互換性があるのは、AVI(VFW Codec使用)をソースとして使用しているときのみ。MP4とかをVideoソースにしている場合は互換性は当然のことながらない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中