Windows XP Professional -> Windows Vista Business

先日、やっと\3,500で買ったCF-W5LW8AXRのWindows Vista Businessが届きました。
というわけで早速インストール作業。
そのままアップグレードしても良かったんですが、未対応ソフトウェアのアンインストールとか激面倒くさかったので、バックアップ取ってからリカバリーから実行。
リカバリーディスクを突っ込んで30分ほどでとりあえずWindows XP Professionalのリカバリー完了。
Panasonicのサイトからマニュアルとアップグレードキットをダウンロードしてきて実行。
デフォルトではBIOSアップデートプログラムはC:\upbios、ドライバーアプリケーションプログラムはC:\VistaUpに展開されます。
最初はBIOSのアップデートから。
アップデータを実行するとフラッシュROMに書き込みが始まるのでしばし待つと終了し再起動。
ちなみにBIOSのバージョンはCF-W5Lの場合、V2.01L10になります。
次に、Vistaでは動作しないものや、アップグレードの障害となるアプリケーションをアンインストールするために必要な作業。
B’s Recorder GOLD8とB’s Clip6は後ほどVista環境でアップグレードすれば利用できるのでそのまま放置。
McAfee Internet Security Suiteは、私は元々使ってないので即時アンインストール。
あとはPanasonic アプリケーションアンインストーラなるプログラムで一括アンインストール。
こいつは[OK]を押すと、自動で全部アンインストールしてくれるので放置し、最後に再起動を促すメッセージが表示されれば[はい]を押して再起動します。
 
そしていよいよ、Windows Vista セットアップDVDをドライブに挿入して、Vistaのインストール開始。
クリーンインストールでは結構早く完了するVistaのインストールですが、アップグレードだと1~2時間程度掛かったりします。
気長に待つしかないので、18日に放送してた2007F1 開幕戦 オーストラリアGP 決勝レースを見つつ放置。
インストール完了間際に「Windowsを自動的に保護するように設定してください」というウィンドウが表示されますので、[推奨設定を使用します]をクリック。
「時刻と日付の設定の確認」ではデフォルトのままでよいのでそのまま次へ。
パフォーマンス確認が終わったあと、ログオンしてWindows Vistaのインストールは完了。
 
Let’s noteへVistaをインストール作業はここからが激面倒になります。
XPのときにVistaUpに展開しておいたドライバやアプリケーション群をインストールしなきゃいけないわけで。
まず、Windowsの修正モジュールなるものをインストール。
インストールが完了すると再起動を促されますので、そのまま再起動。
次に、古いIMEが残ってるらしいので、そいつを削除し、再起動。
次に、フラットパッドのドライバをインストールして再起動。
次にビデオドライバをインストールして再起動。
再起動中にシステム評価ツールが実行されて時間を食いますが、とりあえず放置。
タスクトレイに常駐してる[Intel(R) Graphics media Accelerator Driver for mobile]アイコンをクリックして[グラフィックプロパティ]を開き、[ディスプレイ設定]の[電源設定]をクリック、その中の[インテル(R) ディスプレイ省電テクノロジ]のチェックを外す。
次に、LANドライバ、無線LANドライバ、サウンドドライバ、モデムドライバPanasonic Miscドライバ、SDモジュールを順次インストールして再起動します。
 
再起動が完了したらWindows Updateを実行。
2007年3月22日の時点で8個ほどアップデータが存在したのでサクっとインストールし、再起動。
 
ここからはアプリケーションのインストール。
まず、必ず最初にPanasonic Common Componentsをインストール。
次にバッテリー残量表示補正ユーティリティ、エコノミーモード切替ユーティリティ、Hotkey Appendix、Hotkey Settings、Numlockお知らせ、Panasonic Notification、PC情報ビューア、ホイールパッドユーティリティ、無線切り替えユーティリティ、オプティカルディスクドライブ省電力ユーティリティ、オプティカルディスクドライブ文字変更ユーティリティ、WinDVD、省電力設定ユーティリティを順次インストール。
このとき、全部インストールし終えるまでは再起動はしないように注意する必要があります。
あとは、C:\utilフォルダはもう必要ないので削除して、Adobe Reader 8をAdobeからダウンロードしてきてインストール。
そのときついでにFlash Playerもインストールしておきます。
次にB’s Recorder GOLD8、B’s Clip6のアップデータをBHAのサポートサイトからダウンロードしてきてインストールし、再起動。
以上でとりあえずLet’s noteでのVista環境構築完了。
 
なお、今回書いた内容はPanasonicのサイトで入手可能なWindows Vista アップグレード手順書(全31ページ)に書かれている内容をだいぶ端折って書いてます。
この作業で結構な時間を費やされるので、時間に余裕があるときにやりましょう。
私みたいに次の日にオールで酒を飲む予定が入ってる人は絶対にやっちゃいけません(ぁ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中