switch文によるメニュー

"恐怖の月曜日 2007-11-26 Vol.1" で触れたソースについて。
K講師の意図していた挙動を出したければ次のようにすればできるんだけどねっていう。(ほとんどそのまま流用)

/* --- menu.c -----------------------------------
 メニュー選択によって、半径を入力して、
 円の面積、円周の長さ、球の体積のいずれかを表示
 するプログラム。
-------------------------------------------------*/
#define _CRT_SECURE_NO_WARNINGS
#define PI 3.14159265358979323846

#include <stdio.h>

int main( void )
{
	int m;
	double r;
	
	printf( "次の計算が出来ます\n" );
	printf( " 1... 円の面積\n" );
	printf( " 2... 円周の長さ\n" );
	printf( " 3... 球の体積\n" );
	printf( " どれにしますか ?\n" );
	scanf( "%d", &m );
	
	if( 0 < m && m < 4 )
	{
		printf( "半径を入力してください。\n r = " );
		scanf( "%lf", &r );
	}
	
	switch( m )
	{
		case 1 :
			printf( "S = %f \n", PI * r * r );
			break;
		case 2 :
			printf( "L = %f \n", 2.0 * PI * r );
			break;
		case 3 :
			printf( "V = %f \n", 4.0 / 3.0 * PI * r * r * r );
			break;
		default :
			printf( "理解できない選択です \n" );
	}
	return 0;
}

まぁ、「あのソースコードを流用するなら」の話ですけどね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中