VMware ESXi 5.0 update 1のAutoStartManagerの件

2012-08-15追記
VMware ESXi 5.0 update 1のAutoStartManagerがBugFixされていたで、AutoStartManagerがBugFixされていたことを書いています。
 
 


VMware ESXi 5.0 update 1を適用してみた。』をやったときは気づいてなかったんですけど、AutoStartManagerが動かなくなってる(未確認ですが、Free版ではサポートしなくなったとか)というお話があるんですね。
対処とは言いがたいような気がしますが、一応の対処方法が公式から出されていますし、コミュニティでもすでに書かれていたので、書く必要もないなーと思いつつ、ツイッターでは何投かしてたりしますし、一応アップデート方法を書いちゃってるので書いておこうかと。

とりあえず荒っぽいですが “/etc/rc.local” あたりに直書きで

vim-cmd vmsvc/power.on [VMID]
sleep [SECONDS]
vim-cmd vmsvc/power.on [VMID]
sleep [SECONDS]
...

みたいなのを書けば、自動起動は問題ないかと。
コミュニティでもほぼそのまんま書かれてるわけですが^^;

問題は自動シャットダウンなんですけどね。
必要に迫られたらそのうち起動も含めてもうちょっとこうマシなやつを…って思ってたりするんですが、多分その頃には誰かがすでに公開してるパターンで落ち着くと思います、はい……
その前に公式からパッチが出てるかもしれませんけど。
そういえばこの前出てたパッチはどうなんだろう…(←また確認してない)

あっ、ちなみにくれぐれも上の “/etc/rc.local” 直書きな自動起動の対応は自己責任の下で実施してくださいね。
当然サポート範囲外でしょうし、何か不具合が起きても当然ながら私では責任は取れませんので。

「VMware ESXi 5.0 update 1のAutoStartManagerの件」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中