VMware ESXi 5.0 update 1のAutoStartManagerがBugFixされていた

VMware ESXi 5.0 update 1のAutoStartManagerが機能しなかった件

 
とまぁ、まぁいろいろと書いてきたわけですが。
さっきサーバを起動して今更気づいたんですが、どうやらパッチ “ESXi500-201207001” で、AutoStartManagerがBugFixされていたみたいで。
vSphere Hypervisor Auto Start Bug Fixed
 
これでもう、上のリンク先で貼ってある無駄な起動スクリプトは要らないねっ!
ってことを今更書いてみた。
 
ちなみにパッチ取得はこちら:Download Patches http://www.vmware.com/patchmgr/findPatch.portal

「VMware ESXi 5.0 update 1のAutoStartManagerがBugFixされていた」への7件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます。
      私個人としては「バグっぽい挙動が〜」と言っておりましたが、やっぱり「無料版との差別化で無効化してたんじゃないか」と邪推してたりします。
      もちろん本当のところはどうだったかはわかりませんが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中