VMware ESXi 5.0 update 1のAutoStartManagerがBugFixされていた その後

VMware ESXi 5.0 update 1のAutoStartManagerがBugFixされていた』でAutoStartManagerがBugFixされていた件のその後のお話。

仮想マシンの自動起動はうまく動くようになってますし、自動シャットダウンもするようにはなってる。
だけど自動シャットダウン時の挙動がおかしい、気がする…

まず仮想マシンを自動起動から外してもautostartseqから消えないんですけどそういう仕様でしたっけ。
その影響か、autostop時に自動起動から外してる仮想マシンもシャットダウンしようとして失敗のログが残ってたりする。(ちなみにautostart時は自動起動から外している子のログは残ってない)
あとシャットダウン時のデフォルト待機時間を無視している感じ。
うちの子だけかなぁ。
いろいろと弄っちゃった時期があるし。

ん〜でもこれ以上追うと面倒なので、しばらく放置で。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中