VMware vSphere Hypervisor 5.1をインストールしてみた

VMware vSphere Hypervisor 5.1がリリースされていた』で1か月後ぐらいかな…とか言ってたにも関わらず、早速入れてみたというね。

今回はClean Installではなくて、5.0から5.1へのUpgrade Installを行なってます。
 
 
まずISOを焼いたCDを突っ込んでインストーラを起動して
VMware vSphere Hypervisor 5.1 Installer
 
インストール中…
VMware vSphere Hypervisor 5.1 Installing
 
インストール完了
VMware vSphere Hypervisor 5.1 Install Complete
 
続いてVMware vSphere Clientのインストール
vSphere Client Install
 
とりあえずサクッとインストールは完了しましたとさ。
VMware vSphere Hypervisor 5.1
 
 
ちなみに仮想マシンのバージョンは “8” から “vmx-09” に、VMware Toolsのバージョンは “9.0.0.15210 (build-782409)” になりました。(既存の仮想マシンのバージョンは手動で変更する必要があります)
もし私と同じようにUpgrade Installをするなら、仮想マシンを起動するときに「この仮想マシンは移動またはコピーされています〜うんたらかんたら」というダイアログが出てきていたなら、”I copied it.” ではなくて “I moved it.” にしたほうが良いと思います。
仮想マシンのネットワークインタフェースが変わっちゃって、udev周りを弄らないとネットワークが繋がりましぇ〜んになる可能性があるので(←というかやってしまった人)
あと、AutoStartManager周りはちゃんと直ってるっぽいです。
前の環境の”ゴミ”が残っていて手動で書き換えたりしちゃっているので参考程度にしかなりませんが、AutoStartManagerの設定をした状態で再起動を何回か実施してみたところ、「デフォルトの起動遅延時間」も「デフォルトのシャットダウン遅延時間」もちゃんと守ってくれて、かつ滞り無く処理されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中