Windows 8でアプリケーションを管理者権限で実行する方法

まぁ、Windows 7でコマンドプロンプトを管理者モードで実行する方法の使い回し的なものなんですが。

前に書いたのは、Windows 7だとスタートメニューの [プログラムとファイルの検索] のところに “cmd” と入力し、[Ctrl] + [Shift] + [Enter] で管理者権限でコマンドプロンプトが起動出来ちゃいますよっていうものでした。

Windows 7 スタート
Windows 7 スタート

基本的にはコマンド プロンプトだけじゃなくて、パスが通ってるアプリケーションであれば同様にプログラム名だけで起動できますし、パスが通ってなくてもフルパスで指定してやれば、同様に管理者権限で起動できるんですね。

ところがご存知の通りWindows 8ではスタートボタンが無くなりました。
個人的にスタートボタンは全然無くても困らないんですが、まぁ上の方法が使えませんよねっていうお話もあるのかなと。

というわけでWindows 8において、管理者権限でプログラムを起動する方法を2通り書いていきます。
ちなみにタッチパネルとか持っていないことになっているので、古しき伝統なキーボード+マウス操作でやっていきます。

まず1つ目の方法をば。
スタート画面で右クリックすると、アプリバーが出てくるので、その中の「すべてのアプリ」ボタンを押します。

Windows 8スタート画面
Windows 8スタート画面

次に開きたいアプリ(この場合はコマンド プロンプト)で右クリックし、「管理者として実行」ボタンを押します。

管理者として実行
管理者として実行

そしたら管理者権限で開きましたよっと。

コマンドプロンプト (管理者)
コマンドプロンプト (管理者)

 
 
サラっと終わっちゃったので2つ目の方法をば。
まず、[Windowsキー] + [Q] を押して、アプリ検索の画面を出します。
アプリ検索
アプリ検索

次に検索窓に実行したいアプリケーション(この場合でもわかりやすくコマンド プロンプトで)を入力します。

アプリ検索 - cmd
アプリ検索 – cmd

そして [Ctrl] + [Shift] + [Enter] を押してやると管理者権限で起動しましたよっと。

コマンドプロンプト (管理者)
コマンドプロンプト (管理者)

 
 
と、コマンド プロンプトを例にしてこんなの書いてみましたが、実はWindows 8では [Windowsキー] + [X] でこんなメニューが出てきて「コマンドプロンプト (管理者)」があったりするので、コマンド プロンプトに限りこの方法を使わなくてもよかったりします。
Windowsキー + X
Windowsキー + X

でもまぁ、他のアプリケーションも同様に管理者権限で起動することが可能ですし、何かと使う方もいらっしゃるかもなので書いてみましたっと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中