PC-TX26GSにWindows XP最後のMicrosoft Updateを適用してみた。

米国時間4月8日になりましたので、Windows XP、Office 2003、Internet Explorer 6のサポート期間終了の日と相成りました。
せっかく…というのも変ですが、最後のMicrosoft Updateの完了時をキャプってみた。

Windows XP最終アップデート
Windows XP 最終アップデート

まぁそれだけです。
なお再起動したら、Microsoft Security Essentialsとダブルでサポート期間の終了を通知されたとゆー。

Windows XPサポート期間終了通知
Windows XPサポート期間終了通知

この子は2004年発売の SHARP Mebius TX (PC-TX26GS) なんですが、2005年頭ごろに購入してから今日まで、一切リカバリーせずに運用できた子なんですね。
私の個人PCのOSとしては、かなり長持ちしたほうなんじゃないかと。

ネットワークから切り離してそのまま運用しても良いんですけど、ハードもソフトもサポートが切れてることですし、せっかくなので近代化改修でもして遊んでみようかと。

  1. データのバックアップ
  2. ドライバの吸い出し
  3. メーカー標準ツールでのリカバリーディスク作成
  4. サードパーティツールで現在のディスクイメージの取得
  5. 分解・清掃
  6. CPUの交換 (Celeron D330(Prescott) → Pentium 4 HT 3.06GHz(Northwood))
  7. HDDの交換 (HDS722525VLAT80 → WD20EFRX + IDE-SATA変換アダプタ)
  8. 劣化パーツ、消耗品の交換
  9. Windows 7のカスタムインストール
  10. 吸いだしたドライバの適用

とまぁ、漠然とこんな感じで。
さて、PC-TX26GS改は無事に出来上がるのでしょーか(;´∀`)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中