新旧raspi1 で、起動直後から30分間の温度変化を記録してみた。

前に書いた RPi B と RPi B+ の温度変化のやつ ですが、raspi1 の機能移行がほぼ完了したので、旧(RPi B) と 新(RPi B+) の raspi1 でSoCの温度変化を記録して比較してみました。(多分やらないと言ってた稼動状態での比較)

同じ部屋に設置して、同時に電源を供給できるようにしてやっています。

新旧raspi1 温度上昇比較 (30分間)
新旧raspi1 温度上昇比較 (30分間)

ヒートシンクが載ってる/載ってないの違いもあるし、機能移行する際に最適化している部分もあるのだけど、これだけ温度が違うと RPi B で稼働しているサーバを RPi B+ に変えようって思っちゃう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中