Windows 10 Creators Updateへ更新する際にSECOND_BOOTフェーズで失敗したときのワークアラウンド

Windows 7からじっくり秘伝のタレのごとくアップグレードを重ねてきた Acer Veriton N282G(VTN282G-S03SP1: デジタルサイネージ スペシャルパッケージ) に、Windows 10 Creators Update (1703) を入れようとしたときのお話。

過去のWindows 10のメジャーアップデートでも進捗87%ぐらいでコケていたので、今回も多分コケるだろうなと思いつつ実行してみましたが、まぁなんというか普通にコケました。

0xC1900101-0x40017 SECOND_BOOT Phase Failed
0xC1900101-0x40017 SECOND_BOOT Phase Failed

ちなみに前回出たのは “0xC1900101-0x4000D” でしたが、今回は”0xC1900101-0x40017″。
“0xC1900101-0x400**”的なものが出たら、とりあえずSECOND_BOOTフェーズでコケる系なのかな。

というわけで、今回も下記のワークアラウンドで実行してみたところ、とりあえずCreators Updateになりました。

  1. アンチウィルス系アプリケーションのアンインストール
  2. クリーンブートに変更(スタートアップ無効化、MS以外のサービスの無効化)
  3. C:で十分な空き容量の確保(おそらく16GB以上)
  4. NICを無効化(有線、無線両方)
  5. Windows 10 Creators Update の “MediaCreationTool” で、適当な容量のUSBフラッシュメモリ(両アーキテクチャで8GB以上)でインストールメディアを作成
  6. USBフラッシュメモリの”setup.exe”を実行
  7. インストールプロセスが走って、適宜再起動するのでしばらく放置(うちの子はこの順番でやっても2回目のブートは失敗するけど、一旦電源を落としてもう一度トライするとなぜか行ける(;´∀`))
  8. プライバシー設定を実施
  9. しばらく待機して、準備が完了してデスクトップが現れたら、アンチウィルス系を再インストール

上記を実行して、こんな感じになりました。

なお前にも書きましたが、Acer Veriton N282GはWindows 10のサポートはないので、今回も普通に自己責任仕様でやっています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ先頭へ ↑