CentOS Userland Linux 7 (1611) armv7hf for Raspberry Pi 3でEPELを有効にする

改訂履歴
  • [v1.0] : 2017-05-12 AM – 初回投稿

CentOS Wikiをぼーっと眺めていたら、CentOS Userland Linuxのarmv7のところに、EPELを有効にする方法が追記されていました。(いつから書いてあったんだろう(;^ω^)

ページの辿り方は以下の通りです。
Special Interest Groups
 - Alternate Architectures
  - ARM32 build as armv7 (and others) : How can I enable EPEL 7 on armhfp ?

ちなみにOSイメージはこれ。
mirror.centos.org – AltArch/7/isos/armhfp

適当に読んでみると、「armhfp用のEPELリポジトリなどないって言うのは簡単だけど、多くのユーザが求めていたので、QAなし・テストなしの自動リビルドなうえ署名もないことに注意して、使いたかったら自己責任でどうぞ」的な感じですかね。

ざっと見た感じでは全部があるわけではないので、依存関係絡みでx86_64と同じように使えるかは微妙なところ。

以下使い方。

1) repoファイル作成

[root@localhost ~]# cat > /etc/yum.repos.d/epel.repo << EOF
[epel]
name=Epel rebuild for armhfp
baseurl=https://armv7.dev.centos.org/repodir/epel-pass-1/
enabled=1
gpgcheck=0

EOF

2) yumのキャッシュを削除

[root@localhost ~]# yum clean all

3) インストールしたいパッケージを入れてみる (例えばfail2banとか)

[root@centos-rpi3 ~]# yum install fail2ban
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
依存性の解決をしています

----- 中略 -----

依存性を解決しました

========================================================================================================================
 Package                            アーキテクチャー        バージョン                    リポジトリー             容量
========================================================================================================================
インストール中:
 fail2ban                           noarch                  0.9.6-3.el7                   epel                     10 k
依存性関連でのインストールをします:
 fail2ban-firewalld                 noarch                  0.9.6-3.el7                   epel                     10 k
 fail2ban-sendmail                  noarch                  0.9.6-3.el7                   epel                     13 k
 fail2ban-server                    noarch                  0.9.6-3.el7                   epel                    285 k
 systemd-python                     armv7hl                 219-30.el7.8                  updates                 106 k

トランザクションの要約
========================================================================================================================
インストール  1 パッケージ (+4 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 424 k
インストール容量: 1.1 M
Is this ok [y/d/N]: y
Downloading packages:
(1/5): fail2ban-0.9.6-3.el7.noarch.rpm                                                           |  10 kB  00:00:02     
(2/5): fail2ban-firewalld-0.9.6-3.el7.noarch.rpm                                                 |  10 kB  00:00:02     
(3/5): fail2ban-sendmail-0.9.6-3.el7.noarch.rpm                                                  |  13 kB  00:00:00     
(4/5): fail2ban-server-0.9.6-3.el7.noarch.rpm                                                    | 285 kB  00:00:01     
(5/5): systemd-python-219-30.el7.8.armv7hl.rpm                                                   | 106 kB  00:00:02     
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
合計                                                                                     76 kB/s | 424 kB  00:00:05     
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  インストール中          : systemd-python-219-30.el7.8.armv7hl                                                     1/5 
  インストール中          : fail2ban-server-0.9.6-3.el7.noarch                                                      2/5 
  インストール中          : fail2ban-firewalld-0.9.6-3.el7.noarch                                                   3/5 
  インストール中          : fail2ban-sendmail-0.9.6-3.el7.noarch                                                    4/5 
  インストール中          : fail2ban-0.9.6-3.el7.noarch                                                             5/5 
  検証中                  : systemd-python-219-30.el7.8.armv7hl                                                     1/5 
  検証中                  : fail2ban-server-0.9.6-3.el7.noarch                                                      2/5 
  検証中                  : fail2ban-firewalld-0.9.6-3.el7.noarch                                                   3/5 
  検証中                  : fail2ban-0.9.6-3.el7.noarch                                                             4/5 
  検証中                  : fail2ban-sendmail-0.9.6-3.el7.noarch                                                    5/5 

インストール:
  fail2ban.noarch 0:0.9.6-3.el7                                                                                         

依存性関連をインストールしました:
  fail2ban-firewalld.noarch 0:0.9.6-3.el7  fail2ban-sendmail.noarch 0:0.9.6-3.el7  fail2ban-server.noarch 0:0.9.6-3.el7 
  systemd-python.armv7hl 0:219-30.el7.8   

完了しました!

EPELにありそうなやつでぱっと思いついたものを数個試してみたところだと、fail2banとansibleのほか、clamav、openvpn、amavisd-new、roundcubemail、fuse-sshfsなんかはすんなり入りそうでしたけど、owncloudやwordpress、munin、cactiなんかは依存関係でエラーが出ました。
他は試していないし知らない…

今のところまずは自分が使いたいパッケージがインストールできるか確認してみて、もしインストールできるのなら使えるか確認してみて、使えたら使ってみるっていう感じですかね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ページ先頭へ ↑