ASUSTeK Striker Extreme

ASUSのStriker Extremeを注文してみたり。
なんでStriker Extremeかというと、E6700が載って、メモリがとりあえず4枚挿せて、8800GTXがとりあえず2枚挿し出来るから。
まぁバカみたいなマザーなんですけど、遊ぶには良い材料なわけで。(実際は遊ぶのではなくて本業で使うんですけど…)
一応現状では性能を考えるならば最善の選択だと勝手に思ってたりもします。
あーちなみに将来Quad Coreを載せれるってのも選択の理由。
今のところそんな処理能力を要求するようなことはしないですが、頭の中で描いてる構想では最終的にCPUとGPUにがんばってもらうことになるはずなので、そういう選択肢。
行くとこまで行きゃXeonとQuadroなんでしょうが、さすがにそんなバカなシステムには手が出せない…
Xeonで5%プライスダウンとか書いてて12万~17万な時点でアウトっす。
Quadroなんて31万とかホザいてる時点でアウトっす。
CPUの処理能力を求める場合、1CPUなら13万ぐらい出しても仕方がないかなと思うところがありますが、2CPUs構成の単価12万~なんて無理。
ましてやQuadroのためだけに1システム組めるような金額出すのは現実的じゃねぇ~。
ゆーてもかなり高額な構成なんですが。
E6700、Striker Extreme、1GB x 4枚、8800GTX x 2枚って時点でその辺の家電量販店で売ってる地デジ搭載TVPCに匹敵するお値段なわけで。
あーちなみに個人所有のマシンじゃないです。
管理は私がすることになるでしょうが、所有者ではないので。
4月中には組めると思われますので、XP Professionalであればベンチマーク結果、Vistaであれば評価結果を"気が向いたら"載せときます。
Vistaの場合、私個人でも研究室でもVista Businessしか所有してません。
Anytime UpgradeでUltimateのライセンスを購入するのもアリちゃアリだけど、\17,600も出すのなんか嫌だなぁ…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中